顔の見えるネットコミュニティ

Face to Face Community

地方に暮らして不便に感じるのは、知的サービスの不足です。知的サービスも、録画でよければユーチューブで講演会などを見ることができます。地方都市にないのは、face to face での授業・講演・トークライブなどです。

今、この悩みをWEB会議システムが解決しました。自宅にいて、珈琲を飲みながら、face to face で、知的な会話を楽しむことができるようになろうとしています。

私たちもネットコミュニティを創ってみることにしました。現在、ZOOMというWEB会議システムを使い試行でトークライブを始めています。2018年3月までの試行期間中は、FREE & OPEN(無料・公開)です。

2018年4月から会員制に移行し、faca to face で参加していただける方だけを会員として受け入れます。マナーのよい会員だけの、安心できるネット空間を共有するネットコミュニティを創りましょう。

上の写真は、浅野赤穂藩の分家、旗本浅野家の若狭野陣屋に残る札座です。来年度、この札座を改修して浅野陣屋記念館ホールを創立しトークライブや講演会の発信拠点にします。

ネットコミュニティのコンテンツ

探究学習講座

課題を発見し主体的・能動的・協働的に学ぶ探究学習のトークライブです。今、学校の授業は探究学習に向けて変化し始めています。

戦後の日本で「正解が一つある問題を正確に効率的に解く知識」を競うルールで大学入試を行ってきました。2020年度入試は「課題を発見し、主体的・能動的・協働的に学ぶ力」を評価する方向にパラダイムが転換します。1980年代から続く受動的な学びを続けていては、日本は先進国から脱落すると文部科学省の認識が認識したからです。

教科書に載っていない課題を自ら設定して学ぶ探究学習のトークライブです。

毎月1回、第三火曜日の20時30分からトークライブ形式で開催しています。

* FREE & OPEN(無料・公開) 20時10分からアクセスできるようにしています。

https://zoom.us/j/429455893 をクリックしてWEB会議に参加してください。

2017年8月 王家領矢野荘の信仰 YouTube

2017年9月 浅野陣屋の変遷と札座の建築年代 YouTube

2017年10月 進水記念絵葉書の制作過程 YouTube

 社会人のための日本史講座・世界史講座
高校の日本史・世界史の授業になかからテーマを選びました。
 
 
 
 

WEB会議システムの使い方

WEB会議システムは、いろいろな使い方ができます。

最も簡単な使い方は、講演会の講師さんにWEB経由で講演していただくことです。この場合、旅費は不要になります。講師さんも遠くからの移動にかかる時間が省略できます。

これはWEB会議の本来の使い方で、企業が出張にかかる費用と時間を省略するために、どんどん取り入れています。トークライブも出張しての会議をWEBでの会議に変更する事例の応用です。

これ以外にも、おもしろい使い方があります。それは、おいおい紹介していきます。

私たちの紹介

浅野陣屋保存ネットワークは、旗本浅野家の若狭野陣屋に残る札座の保存運動のために設立された任意団体です。北部の御殿屋敷跡は地域に寄贈され、神社と広場になっています。

札座は陣屋の南部にあります。江戸時代後期に家政改革の役所として建築されました。私たちは札座を改修、周囲を整備して歴史好きな人たちが集まる拠点にしたいと計画しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする